ロッテがソフトバンクに大勝!ソフトバンクは優勝を逃す…

ロッテが9対1とソフトバンクに大勝した、敗れたソフトバンクは2連覇ならずCSでの巻き返しを狙う。

ロッテ・二木、ソフトバンク・大竹で始まった試合は序盤は両投手とも点を許さず0対0のまま進む。4回にロッテ先頭の中村奨吾が大竹からセンターへ先制ホームランを放つと、ヒットと四球で満塁のチャンスを作り鈴木大地が2点タイムリーヒットを打ち3点を先制する。負けられないソフトバンクは6回に1死2.3塁のチャンスで4番柳田だったがセカンドゴロに倒れこの回は1点どまり。すると追加点の取れなかったロッテの打線が8回に爆発する、角中のタイムリーで1点を追加するとなおも満塁で8番岡大海がバックスクリーンへ満塁ホームランを放ちこの回一挙5得点で試合を決めた。

敗れたソフトバンクは去年の育成ドラフト4位の大竹が中5日で4回3失点と試合をなんとか作ったが、打線の繋がりに欠け2連覇を逃した。

試合ハイライト