2018/10/01 大谷翔平3番DHでスタメン出場 最終打席にヒットを放ち今シーズンを締めくくる!

2018/10/01 大谷翔平が3番DHでスタメン出場し、9回の第4打席(今シーズン最終打席)にセンターへヒットを放ち今シーズンを締めくくった。チームは大谷のヒットから打線がつながり2点差をひっくり返しサヨナラ勝ちでシーズンを終えた。

大谷翔平個人の最終的な成績は投手としては10試合に登板して4勝2敗 防御率3.31、打者として113試合に出場して打率.286 22本塁打 61打点 10盗塁という結果を残し、メジャー史上初のシーズン20発・10盗塁・10登板の記録を打ち立てた。今後はトミージョン手術を受けるということで打者としての復帰は早くて来シーズンの6月ごろ、投手としての復活は2020年シーズンになる見通してある。来年は大谷翔平の二刀流の挑戦がお休みとなるが打者としての復帰に全世界が注目するであろう。

ロサンゼルス・エンゼルスの最終的な成績は、ア・リーグ西地区で79勝82敗で4位という結果に終わった。同地区では昨年の西地区覇者アストロズが2連覇を決めている。またイチローが在籍するマリナーズも西地区3位という結果を残している。