西武・榎田が11勝目を挙げる!

西武・榎田が7回1失点と被安打8ながらも粘投で11勝目を挙げた。

西武・榎田、日本ハム・マルティネスの先発で始まった試合は初回にいきなり日本ハムの1番松本が先頭打者ホームランをレフトスタンドにかちこみ1点を先制する。マルティネスは初回こそ3者連続三振と完璧の立ち上がりを見せたが、3回に2死2.3塁から浅村に2点タイムリーを浴びて逆転を許し7回にも秋山にタイムリーを浴びて7回3失点でマウンドを降りた。榎田は初回こそホームランを打たれたがその後はランナーを出しながらも要所をしっかりと締め7回1失点と粘投を見せた。日本ハムは8回に変わった平井から大田のタイムリーで1点差に迫るもあと1点及ばなかった。

日本ハムは10安打を放つも繋がりに欠け西武に敗れた。西武榎田は11勝目を挙げ、トレードでの先発転向に結果で模範解答を残した。