柳田が復帰後初ホームランでソフトバンクが勝利!

柳田が復帰後初となる35号ホームランなど攻守にわたる活躍でチームを勝利に導いた。

ソフトバンク・東浜、ロッテ・種市(2年目20歳の高卒ルーキー)の先発で幕を開けた試合は、ソフトバンクが初回に福田のホームランで1点を先制するが、ロッテも2回に安田が東浜からプロ初ホームランを放ち同点に追いつく。3回に上林のタイムリーで勝ち越すと3回には松田の31号、続く4回には柳田の復帰後初の35号ホームランでさらに追加点を挙げ4対1とする。8回にロッテは2死1.3塁で1番菅野がセンターへ大飛球を放つもこれを柳田が好捕し得点を許さない。最終回に守護神・森唯斗から中村がホームランを放つも反撃はそこまで、柳田の攻守にわたる活躍でソフトバンクが勝利を収めた。

ソフトバンクはここにきて柳田のバットから快音が聞かれ、CSに向けていい勝ち方ができた。敗れたロッテは2年目の種市が7度目の先発でソフトバンク相手に8回3失点と粘投を見せるも勝ち星には恵まれなかった。