松井裕樹が7者連続三振を記録するも6回4失点で敗戦…

松井裕樹が圧巻の7者連続三振を含む14奪三振を日本ハム打線から奪うも6回4失点と要所で粘れず敗戦投手となった。

楽天・松井と日本ハム・上原の先発で始まった試合は初回に楽天がウィーラー、内田のタイムリーで2点を先制する。松井は初回に2死満塁とピンチを招くが清宮から三振を奪うと、そこから2回3回と球団タイ記録の7者連続三振を奪い圧巻のピッチングを見せる。球団新記録の8者連続三振がかかった4回だったが、先頭の近藤にレフト前に運ばれると2死満塁のピンチを招き9番太田賢吾に逆転となる走者一掃のタイムリー3ベースを打たれてしまう。味方が同点に追いついてくれた5回には無死1.3塁とピンチを招き近藤に犠牲フライを打たれ再びリードを許してしまう。それでも6回には2三振を奪い18個中14個のアウトを三振で奪った。しかしチームはその後1点差に泣き敗戦した。

敗れた松井は奪三振能力の高さこそ発揮したが先発としてはまだまだ粗削りな部分が目立った試合だった。来年はしっかりと先発調整して万全の状態の松井に期待がかかる。