柳田のサヨナラ弾でソフトバンクが日本一に王手!

ここまでの日本シリーズ

10月27日に開幕した平成最後の日本シリーズはまず広島が本拠地でソフトバンクを迎え撃ち、初戦は引き分けるも第2戦で広島打線がつながり先に1勝を挙げる。

しかしソフトバンクは本拠地福岡ドームに広島を迎え入れ第3戦の乱打戦を制すと第4戦では広島の野球を完全に封じ込み逆に2勝目を先に挙げる。

そして迎えた第5戦は互いに譲らない熱い展開、そして最後は劇的な幕切れとなった。

広島が先手を奪う

広島・大瀬良、ソフトバンク・千賀と両エースとも中4日で先発を迎えた試合は2回にソフトバンク先発の千賀から5番松山がフェンス直撃の2ベースを放つと、2死ながら1.3塁とチャンスを広げ8番會澤が投手の足元を綺麗に抜くセンター前タイムリーで1点を先制する。

大瀬良のエースの意地
そして丸が吠える

3回まで無失点といい立ち上がりを見せた大瀬良だったが、4回にヒットと四球で無死満塁のピンチを作ると5番中村晃にセンターへ技ありの1本を許し逆転を許す。

さらに次打者内川が送りバントを決め1死2.3塁とされるもここはエースの意地、大瀬良が松田を三振そして今宮をショートゴロに打ち取りなんとか踏みとどまる。

すると打線はすぐさま大瀬良の力投に応える。

5回に2死2塁とチャンスを作り千賀をマウンドから引きずり下ろすと、このシリーズではソフトバンクバッテリーに手玉に取られてきた打率1割台の3番が変わったモイネロから意地の一振り。

弾丸ライナーでライトスタンドに突き刺さる逆転の2ランホームラン。ここまで苦しんできたについに当たりが戻り始める。

ついに出た丸のホームラン!ファンの思いを乗せた打球はライトスタンドへ

互いの思いがぶつかり合う
白熱した総力戦に

広島は逆転に成功した直後、大瀬良が1死2.3塁とピンチを招きここでマウンドを降りる。

2番手ヘルヴェグが出てくるも3番グラシアルには死球で1死満塁としてソフトバンク主砲の4番柳田、ピッチャー強襲のあたりをヘルヴェグはホームに投げることができず投手ゴロの間にソフトバンクは同点に追いつく。

続くピンチはヘルヴェグがなんとか抑えると、6回に女房役の8番會澤がソフトバンク3番手武田からレフトホームランテラスに飛び込むホームランで広島ファンの思いをつなぎとめる勝ち越し点を奪う。

6回裏にも広島は同点のピンチを招くも一岡・フランスアと必死の継投でなんとか0点に抑え、この1点差を全力で守りに入る。

ファンの心をつなぎとめる會澤の一打!

代打・新井貴浩!もむなしく明石が同点弾

点差を何とか広げたい広島はラッキーセブンの7回に2死から丸ヒット、鈴木誠也が四球を選び2死1.2塁と絶好のチャンスを作る。

バッターは5番松山に変わって代打・新井貴浩で広島ファンのボルテージは一気に最高潮に、そんな期待とは裏腹に新井の打球は詰まったサードゴロで追加点を奪うことができない。

すると逆にソフトバンクのラッキーセブン、フランスアが続投するも1死から2番明石が頼りになる伏兵弾で同点に追いつき福岡ドームは押せ押せムードに。

頼りになる伏兵・明石の1発で同点!

そして最後はやっぱり千両役者
柳田悠岐

8,9回は両チーム中継ぎが踏ん張り迎えた10回、広島は先頭鈴木誠也が四球を選ぶと5番新井のところで代打・曽根が送りバントをきっちりと決め1死2塁と勝ち越しのチャンスを作るもソフトバンク守護神・森が後続を抑え勝ち越しを許さない。

そしてその裏、先頭の柳田は広島守護神・中崎の2球目を振りぬいた打球は、弾丸ライナーでソフトバンクファンが待つライトスタンドへ。

柳田サヨナラホームランでソフトバンクはついに日本一に王手をかけた。

千両役者はやっぱりこの男!柳田サヨナラ弾

試合講評

今日は互いに譲らない展開で目が離せない試合となった。

ソフトバンクは内川にバント、広島は新井に代打・曽根を出してまでもバントをさせるなど1点を必死に取りに行く姿勢が随所に見られ非常に面白い試合だった。

ソフトバンクが本拠地で3連勝と日本一に王手をかけたが、今日の試合はソフトバンクが賭けに勝って手にした勝利だと私は感じた。

それは9回表の2死2塁で3番丸の場面だ。丸は完全に守護神・森の球を捉え、誰もが外野の頭を抜けたと思った。しかし打球は上林のグラブの中に納まり結果として無得点に抑えた。

この場面、ソフトバンクの外野陣は丸が本来のあたりを取り戻していることに気づき、あえて深く守っていたのだ。

これは勇気のいる賭けである。

本来ならば単打を警戒して外野は前目に守る、しかも長打よりも単打の方が出る確率は高い。

しかしそれでもなお、丸の調子を見抜き外野を深めに守らせたソフトバンクの采配勝ちであろう。

結果としてその賭けに勝ち、広島に勝ち越しを許さずその裏に柳田が一振りで勝負を決めた。あっぱれである。

しかしソフトバンクは王手をかけたもののまだ勝負はわからない、ここから1日空いて次はマツダスタジアム。

お互いにホームでしか勝っていないだけにここから広島が3連勝することも大いに考えられる。だがやはり王手をかけられた精神的プレッシャーは相当なものだろう。

カープはマツダスタジアムで広島ファンの声援と共にこのプレッシャーをはねのけられるか。

今年の日本シリーズもついに最終決戦が近づきつつある。