丸は年棒5年35億で巨人、結局は金なのか?

11月30日、広島からFA宣言していた丸佳浩外野手(29)が、マツダスタジアムで巨人移籍を決断したことを発表した。

年棒は5年最大35億で、背番号は原監督が現役時代に背負った「8」と今季まで高橋前監督が背負っていた「24」を提示された。

29日まで広島残留か、ロッテか巨人への移籍で悩んでいたが、30日の朝に巨人原監督に直接電話で巨人移籍を伝えた。

丸自身も「来シーズンからジャイアンツでプレーさせていただきます。野球人として、新たな環境で一からチャレンジしてみたい。マツダスタジアムでは、より成長した姿を見せることがファンの方への恩返しだと思う」と、来季から敵となる古巣・広島に早くも宣戦布告コメントを残した。

巨人移籍の理由は?

丸の巨人移籍については様々な理由が考えられている。

3人のまだ幼い子供の生活環境についてや、東京は両親もいる地元千葉に近いから、また丸が求める条件であった年棒以上に契約年数。

そしてリーグ3連覇しながら一度も日本一になれていない広島の補強姿勢への不信感など多くの理由が錯綜している。

それら全てを熟考した上での巨人移籍だろうが、やはりファンの耳に一番届きやすいのがお金の話だけあってSNS上ではお金論争が巻き起こっている。

結局は金なのか

広島は4年最大17億の契約を丸に提示し、丸選手自身も昨年に「広島の黄金期を築きたい」といった「カープ愛」発言をしており、ファンからも丸選手の残留を願う声が大きく挙がった。

しかし巨人の5年35億には勝てず「カープ愛」は成就せずに巨人移籍という結果となってしまった。これに対して広島ファンからは「結局金かよ」といった声が挙がっている。

これに対して、「お金を取るのは当たり前」「恨むならお金を出さない球団に言うべき」といった丸選手を擁護する声も挙がっている。

黒田の男気を皆に求めるな

これまで必死に応援してきたのにも関わらず、愛着のある主力選手が金満球団にお金で取られたと感じているカープファンの気持ちもすごくわかる。

しかし丸選手は当然の選択をしたと私は思う。

上記のtwitterの意見と同じように、同じ仕事で給料が2倍近く違ったら、よっぽどのことがない限り多くもらえる方に行くのは至極当然。

それを愛着だけで残ってくれというのは、少し無理があるだろう。

黒田がメジャーの21億の契約を蹴って1/5以下の年棒の広島に帰って来た「男気」が広島では大きな話題となったが、あれは極めて珍しいケースであり、「男気」を全ての選手に求めるのはお門違いだろう。

もし広島ファンが怒るなら、現プロ野球界で最強とも言える丸選手に4年17億しか出せなかった広島球団の懐の狭さに対して怒りをぶつけるべきだろう。