【ドラフト候補】創志学園エース・西純弥選手(2年)

  • by

2019年ドラフト候補

今回紹介するのは
創志学園の炎エース・西純弥選手

プロフィール

広島県廿日市市に生まれ、鈴が峰小2年時から軟式野球を始める。阿品台中時代はヤングひろしま(少年硬式野球クラブチーム)に所属。

2年夏の全国大会を優勝する。

3年時にはエースを務める。その夏NOMOジャパンに選出されアメリカ遠征へ行く。

184センチ・79キロと気迫のこもった投球をする最速150キロの剛腕だ。

また、2年生ながらU-18高校日本代表候補(本選落ち)に選ばれる。

西純弥の実力

創志学園入学後、1年春からベンチ入りする。
夏にはリリーフとして2回戦(岡山工戦)に-回1/3で1失点、決勝(おかやま山陽戦)に-回1/3で2失点、決勝再試合(おかやま山陽戦)で3回2失点と苦投した。だが、準決勝(関西戦)で145キロを記録し力投を見せた。

1年秋の岡山県大会では3位決定戦でリリーフするも味方の援護も届かず敗北。

2年春からエースナンバーを背負う。春の岡山県大会では2回戦(作陽戦)で13奪三振と完投する。

2年夏の岡山県大会2回戦(玉野光南戦)準々決勝(高梁日新戦)共に5回コールドを完投し、この二試合で14奪三振を奪う。準決勝(倉敷商戦)は9回被安打5奪三振8与四死球3失点0と素晴らしい記録を残す。決勝( 岡山学芸館戦)でも9回を完投し11奪三振2失点と150キロを記録し好投する。

甲子園大会1回戦(創成館戦)を6者連続三振含む16奪三振と無四球完封を記録する。

・気迫の投球

しかし、2回戦(下関国際戦)に9四死球と荒れ逆転を許し敗北を喫す。

2年秋の岡山県大会を順当に勝ち進め3位で中国大会へ行く。
中国大会1回戦(鳥取城北)を8回9奪三振3失点と好投すると準々決勝(崇徳戦)をリリーフで6回7奪三振と結果を残す。しかし、準決勝(広陵戦)で打ちこまれ7対0(8回コールド)で敗れる。

最後に

夏の甲子園ではあまり吠えるなと審判から再三注意をされていたようだが、気持ちのこもった投球をしていれば出てしまうのも仕方のないことだと思おう。

そして、それがまた彼の魅力だと思っている。

https://youtu.be/-D1WkopWbkw
・雄叫び、ガッツポース

また、オリックスの西勇輝選手を親戚にもつ。