【第91回センバツ高校野球大会注目選手】プロ注目!「坂本2世」八戸学院光星・武岡龍世選手(2年)

第91回センバツ高校野球大会 注目選手!

今回紹介するのは
八戸学院光星の攻撃的遊撃手・武岡龍世選手

プロフィール

徳島県鴨島町鴨島小学校2年時から軟式野球を始める。6年時にヤングリーグの徳島ホークスに所属。この年に全国制覇を成し遂げる。

中学1年夏に日本代表に選出され、カル・リプケン少年野球世界大会で準優勝する。

中学時、陸上部に所属し100mで県2位に入る足の速さもある。

178センチ・70キロと細身の俊足巧打のイケメン遊撃手だ。

打撃も守備もいいことから巨人・坂本勇人選手にちなんで「坂本2世」と呼び声が高い。

武岡龍世 の実力

高校入学後、1年春からベンチりし1番・遊撃手でスタメンも経験する。
しかし、1年夏はベンチ入りから外れてしまう。

2年春からはレギュラーに定着し、2番・遊撃手としてチームを引っ張る。
東北大会で打率.428(7打数3安打1打点)を残す。

2年夏の青森県大会では打率.500(計18打数9安打2本塁打12打点)と素晴らしい結果を残す。中でも準決勝(青森山田戦)で2本塁打6打点の大活躍だ。

甲子園大会1回戦(明石商戦)で5打数2安打2打点とセンターとライトにヒットを放つ。2回戦(龍谷平安戦)では打てず敗退してしまう。

2年秋から主将を務め、3番打者に昇格する。青森県大会を1位で勝ち上がり、東北大会決勝(盛岡大附戦)で5打数2安打(先制の2ランとセンターオーバーの三塁打を放つ)3打点の活躍をし優勝の立役者となる。

神宮大会では1回戦(東邦戦)で石川昴弥からバックスクリーンへの本塁打を含め2安打を記録する。準々決勝(高松商戦)でも2安打放つも9対6で敗れてしまう。


東邦・石川から2安打

最後に

高校ナンバーワンショートとして呼び声が高い武岡選手。走攻守どれもハイスペックな彼のプレーに注目だ。

また、顔もイケメンなので甲子園で女性ファンが増えること間違いなし!