【大学野球】全日本大学野球選手権の中止を発表、69回目で初

全日本大学野球連盟は5月12日、オンラインによる臨時理事会を開き、第69回全日本大学野球選手権大会(8月12日から9日間、神宮)の中止を発表した。1952年に始まった同大会全日本大学野球連盟は1952年の開始以来初めてのこととなる。

本来6月に行われる予定だった大学野球選手権は、新型コロナウイルスの影響により、8月12日開幕へと延期が決定していた。しかし、5月12日時点で緊急事態宣言が解除されておらず、全国の大学野球連盟でリーグ戦は行われていない。刻一刻と変化する社会情勢を受け、各加盟校の選手、関係者の安全、健康を最優先とした末の結論となった。

この決定は、各連盟の春季リーグに中止を要請するものではない。地方自治体や加盟大学と確認の上、十分な対策を行って上での判断を求めている。開催が難しくなった理由は「あくまでも、大学の野球部」(全日本大学野球連盟・内藤雅之常務理事)というのが、大前提としてある。

各大学ではオンライン講義も始まっているが、授業は例年よりも明らかに遅れている。7月中旬から8月にかけて、試験期間に入る大学がほとんど。8月に全国大会が開催されるとすれば、全国26連盟は代表校を選出するための試合を開催しなければならない。

高校野球にしろ、最後の学年の選手には心の痛い話であるが万が一感染してしまったとしたら元も子もない。内藤雅之常務理事の言うと通り、健康を最優先とした末の結論とするのであれば致し方ない結論だと思う。


【大学日本野球連盟からの発表全文】

第 69 回全日本大学野球選手権大会中止について

新型コロナウイルスによってお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、 罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、全国の医療従事者の皆様に心より感 謝申し上げます。 

本連盟では4月2日に臨時常務理事会を開催して本年度の「第 69 回全日本大学野球選手 権大会」を当初の6月から8月12日開幕に延期をすることを決定いたしました。

しかしながら4月6日に政府より緊急事態宣言が発令され、このほど改めて緊急事態宣言が 5月31日まで延長されました。臨時常務理事会以降情勢は大きく変化しており、本連盟では本日臨 時理事会を開催いたしました。

加盟校の練習開始は早くとも6月からとなり、各地春季リーグ戦は開催可能なのは7月以降になることが確定的であります。状況によっては8月の大 学野球選手権は開催可能かもしれませんが、選手権大会があるがゆえに代表校を選出する試合を行わなければなりません。

本連盟といたしましては、加盟校の選手や関係者の安全、 健康を最優先に考えた末の結論ですが、断腸の思いで全国大会を先に中止することに決定いたしました。

 本年度の全日本大学野球選手権大会は中止を決定いたしましたが、この決定により各連盟の春季リーグ戦を一律に中止要請するわけではありません。

地域によって6月下旬、あるいは7月以降に春季リーグ戦の開催が可能な場合は地方自治体や加盟大学とも確認のうえ、十分な対策を講じた上で判断していただくよう各連盟に通知いたします。

ただし緊急事態 宣言中の対外試合(オープン戦を含む)は禁止いたします。 加盟校によっては4年生が春季リーグ戦をもって引退するケースがありますが、過去に前例のない事態であり、加盟校と指導者においては秋季リーグ戦にも活動できるよう配慮 を求めます。 

また、例年一部の加盟校で行われている、夏休みにおける宿泊や長距離移動を伴うキャンプや遠征については感染拡大を防ぐため慎んでください。各連盟を通じて加盟校に指導を お願いいたします。 

令和2年5月12日 全日本大学野球連盟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です