【高校野球】どうなる夏の大会 高野連の判断の時は迫る 高野連の現状の声は?

夏の風物詩とも言える甲子園

 新型コロナウイルスの感染拡大、それに伴う緊急事態宣言が、高校野球にも大きな影響を与えている。3月の選抜大会に続き、春の地区大会も全て中止。同じ高校スポーツの全国高校総体も中止が決まった。8月10日開幕の夏の甲子園、第102回全国選手権大会も開催の見通しが立たず、決断の時は迫っている。中止になれば戦後初めてである。


 日本高校野球連盟は5月20日の大会運営委員会で、開催について議論する。この日に結論を出すとは明言していないが、6月20日開幕の沖縄大会から順次行われる地方大会を控えており、時間的余裕はあまりない。各都道府県の高野連は大会準備を進めつつ、決断を注視している。出場権を懸けた地方大会のすべてを開催することが厳しく、8月上旬までに代表校がそろうのは困難な状況だ。


 最大の懸念材料は全国で続く休校だ。期間は5月6日までの地域がほとんどだったが、すでに延長が決まっている地域もあり、いつまで続くか見通せない。既に愛媛県の1校が部活動ができずに準備が整わないという理由で愛媛大会出場辞退を表明。チームづくりの遅れは強豪校でも同様とみられる。


 各都道府県の高野連としては、その地域の教育委員会からの休校や部活動自粛といった要請は無視できない。ある県の高野連関係者は「学校が始まらないと地方大会はできない。それが最低条件」と話す。「(開催への)ハードルは高い。選抜大会の時よりも練習が積めていない状況。授業の問題や熱中症のこともある」と指摘する関係者もいる。


 日本高野連の八田英二会長は選抜大会中止を決めた際の記者会見で、「高校野球は教育の一環」と繰り返した。夏休みを短縮して授業を実施する案が検討されている中で、部活動の大会を優先すべきなのか。全国選手権が中止になったとしても、何とか3年生に集大成の場をという思いは現場に強い。時期をずらしてでも地方大会だけは開催したい、という声も出始めた。

4月26日には、夏の甲子園大会と同時期に開催予定だった全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止が決定。日本高野連の関係者は「インターハイの中止もそうだが、プロ野球が開幕日を決定できなかったことも大きい」と述べた。

 開催できたとしても、間違いなく例年に比べ練習量も少なくどこの高校も調整不足なのは間違いないであろう。いずれにせよ、高校3年生の球児たちに少しでも後悔なく高校野球人生を終えてほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です