[MLB]盗塁王4度の元レイズ・クロフォードに悲劇 息子が溺死 救助しようとした女性も死亡

MLBのレイズ、レッドソックス、ドジャースで計15シーズンにわたって外野手として活躍し、盗塁王にも4度輝いたカール・クロフォード氏(38)の自宅で思いがけぬ悲劇が起きてしまった。

ヒューストン・クロニクル紙が報じているもので、テキサス州ヒューストンの警察当局に緊急通報があったのは16日の午後2時40分。クロフォード氏の自宅の庭にあるプールで5歳の息子が呼吸困難に陥り、助けようとした25歳の女性ともども溺れていた。すぐに病院に搬送されたものの2人とも死亡。

男児はプールで泳いでいたところ呼吸困難に陥り、女性は救出のために飛び込んだと説明。警察の到着時には両者とも呼びかけに反応せず、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。

カール・デモンティ・クロフォード(Carl Demonte Crawford, 1981年8月5日 – )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身の元プロ野球選手(外野手)。左投左打。同じくメジャーリーガーのJ.P.クロフォードは従兄弟にあたる。

幼いころはスラム街で育ち、周りは不良だらけだったという。しかし、マイケル・ボーンの父であるレイが子供たちを非行でなく野球に導く優れた指導者だったおかげで犯罪者にならなくて済んだ。このことにクロフォードは感謝しており、当時チームメイトだったマイケルとも親交がある。

UCLAからバスケットボールの選手として、ネブラスカ大学からはアメリカンフットボールの選手としてそれぞれ奨学金を提示されたが、最終的には野球の道へ進んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です