[プロ野球]巨人・池田と楽天・ウィーラーの交換トレードが成立

巨人・池田駿投手(27)と楽天のゼラス・ウィーラー内野手(33)の交換トレードが成立したことが25日、分かった。同日中にも発表される。

右の長距離砲を探していた巨人は今季の1本塁打を含め来日で通算106本塁打を放っている勝負強い打撃のウィーラーに白羽の矢を立てた。

昨年も19本塁打を放っており、十分、中軸を打てる選手として期待されている。

日本での5年間の通算成績は打率・262、106本塁打、345打点をマーク。三塁が主戦場だが左翼も守ることができる。

池田は2017年に入団した4年目左腕。これまでは主に救援として起用され、62試合で1勝3敗、防御率3・86をマークしている。スライダーやチェンジアップなどが持ち味で、先発の経験もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です