[プロ野球] 選手の平均年俸、過去最高の4189万円 一番高い球団は?

日本プロ野球選手会は29日、加入選手を対象とした年俸調査結果(外国人選手、出来高払いを除く)を発表した。

調査対象となった12球団の支配下選手727人の平均年俸は4189万円で、初めて4000万円を超えた。

球団別では、ソフトバンクが7131万円で2年ぶりのトップ。

2位は巨人の6107万円、3位は楽天で5100万円、最低はロッテの3035万円。1位と最下位の差は4096万円だった。

セ・リーグは平均4050万円、パは4326万円だった。


1980年に602万円だった平均年俸は、1986年に1000万円台に突入。

1994年には2000万円台となり、1998年から昨季までは22年連続で3000万円台だった。

1980年以降、支配下選手の平均年俸の推移は以下。

1980年 602万円

1986年 1047万円

1994年 2355万円

1998年 3060万円

2020年 4189万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です