巨人支配下登録・田中豊樹が背番号19の理由とは?

巨人は26日、育成の田中豊樹投手(26)を支配下登録したことを発表した。背番号は過去に菅野、上原が着けた「19」に決まった。

田中は球団を通じて「うれしいです。やっとスタートラインに立てたと思っています。ファームの監督はじめ、首脳陣の方々、裏方の皆さまに本当に感謝しております。これからは1軍の戦力になれるよう、全力で頑張ります」とコメントした。

いい番号をあげてくれと

原監督は背番号「19」について

「宮本コーチと話をして、苦労人だと。いい番号あげてくれ、ということで、じゃあ19番にしようということですね。期待に応えてくれることを願っています。このところのファームでの結果も含めてね、素晴らしい内容。力でもぎ取った。ジャイアンツにとっては(上限70人の支配下登録選手は)69番目。非常に大事な1枠を彼に使った。期待というのはそこで理解してくれるといいですね」とコメントした。

昨年まで背番号19を背負っていた上原浩治氏もTwitterにてこのようなコメントを発表し、祝福した。

ユニホームが間に合わず背番号「018」でヤクルト8回戦(神宮)の9回に登板。3者凡退で締めた。「本当にスタートしたんだと実感がわいた。(背番号19の先輩の)上原さんのような雑草魂ではい上がっていきたいです」と誓った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です