話題の「山本由伸」の生い立ちとは? 中学高校時代を紹介

昨年は高卒3年目にして防御率1点台でタイトルを獲得した球界屈指の好投手。

対戦するプロの打者も「お手上げ」と評する投手はどのように生まれたのか、山本由伸の過去に迫る。


プロ入り前

岡山県備前市立伊部小学校の1年時から伊部パワフルズで野球を始めると、備前中学校の3年時には、東岡山ボーイズで二塁手兼投手として全国大会に出場。

高校は、野球に集中できる環境を求め宮崎県の都城高等学校へ進学。

都城高校は宮崎県内では甲子園にも8回出場権権があるなど、野球の強豪校の一つである。

都城高校入学して、すぐさま高校1年生からベンチ入り。

高校入学当初から三塁手としてスタメンを勝ち取っていたが、自ら志願しての投手転向をした。

2年春にストレートで147km/h、同年夏の宮崎県新人野球大会で151km/hを計測した。さらに、同大会決勝の鵬翔戦ではノーヒットノーランを達成。

2年秋の宮崎大会では、宮崎海洋戦で、5回参考ながら完全試合を記録した。しかし、3年夏の選手権宮崎大会では3回戦で宮崎商に敗れた。

しかし、プロ球団のスカウトは

「もう少し身長があれば……」とこぼしていたほどで、また、ドラフト前には故障や大学進学の話が浮上したため、4位まで“売れ残った”のである。

もし進学していれば今年で大学4年生になる世代ということになるが、この活躍ぶりを見れば指名したオリックス、そして山本自身にとっても高校からのプロ入りは大正解だったと言えるだろう。


プロ入り後

契約金は4000万円、年棒は500万円でオリックスバファローズにドラフト4位で入団。

プロ1年目は5試合に登板し1勝1敗、防御率5.32という結果を残した。

2年目は春季キャンプから一軍に帯同しながら、フォームの変更に取り組んだ。オープン戦の終盤までは一軍の先発ローテーション入りを争ったが、公式戦の開幕を二軍で迎えた。

ウエスタン・リーグの公式戦では開幕から4月中旬まで、6試合の登板で2勝0敗、防御率0.38という好成績をマークし

4月23日に一軍へ再び合流するとそこから1軍に定着し主に中継ぎとして54試合に登板し、4勝、防御率2.89と素晴らしい成績をマーク

昨年のプロ3年目は先発として、8勝6敗、防御率1.96と最優秀防御率翔のタイトルを獲得。球界屈指の好投手に3年でなってみせた。


オリックスのスカウトも高校時代からプロの世界で活躍できる素材であると評価していたが、プロ入り後の成長速度は想像を超えるレベルだと評価している。

練習法など独特で、自らの体を理解し効率的な練習をしているからこそ大きな怪我なくこのスピードで成長しているのだろう。

この末恐ろしい「山本由伸」に今後も目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です