最強メンバーで挑むWBC

前回2017年大会優勝のアメリカ。来年3月の本戦に向けてMLB選手が続々と参加を表明している。
「マイク・トラウト」外野手 が7月に チームのキャプテンとして参加を表明。そこから立て続けに MVP2回受賞の「ブライス・ハーパー」外野手、MVP受賞経験のある「ムーキー・ベッツ」外野手の3選手が参加を表明した。
3選手とも外野手で、最強の外野陣で挑む形となった。
その他、今季MLBの 「ポール・ゴールドシュミット」内野手「ノーラン・アレナド」内野手の代表入りも発表された。
最強の布陣で挑むWBC。日本にとってはかなり手強い相手となる。

最強の野手陣

野手陣の一覧を見ていくと
捕手には 「リアル・ミュート」捕手
一塁手「ポール・ゴールドシュミット」内野手
二塁手「トレバー・ストーリー」内野手
三塁手「ノーラン・アレナド」内野手
遊撃手「トレア・ターナー」内野手
外野手「マイク・トラウト」外野手
外野手「ムーキー・ベッツ」外野手
外野手「ブライス・ハーパー」外野手
と、最強の顔ぶれが並ぶ。
本塁打は全員 2桁、機動力と守備力も兼ね合わせており、
文字通り「最強」のメンバーを揃えた。

直近の大会でも 2017年WBCは優勝・2019年プレミア12では4位に終わったものの、2021年東京オリンピックでは、2位。確実に勝ってきている。
常勝軍団に太刀打ちできるチームは果たして出てくるのか、前評判通り他国を圧倒して優勝を勝ち取るのか、WBC最強チームの結果も注目したいところ。

田口瑞樹

田口瑞樹

Related Posts - 関連記事 -

カリキュラム詳細

カリキュラム詳細

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。