スイング測定データ①「バットスピード」

まず 1項目目。さすがにこれはみなさんご存知の「バットスピード」です。 
バットスピードは説明も不要かと思いますが、バットを振った時の最速のスピードになります。

最速がどの部分にあたるかというと 詳しくはスイングスピード向上指導の記事で説明しますが、
バットスピード最速の部分は手首が返る直前〜手首が返る部分です。
この部分、リスト(手首)を強化することでスイングスピードは向上します。
しかし リストのみを強化するだけでは スイングスピードが飛躍的に上がることはありません。

他の筋肉、関節の使い方でより飛躍的に向上する項目になります!

詳細は、指導の記事で紹介します!!

次回は、「?」が多い項目「オンプレーン」についてです!

【次回】②測定データ最重要項目「オンプレーン」

田口瑞樹

田口瑞樹

BLAST はこちら

関連の記事

最新の記事

Related Posts - 関連記事 -

カリキュラム詳細

カリキュラム詳細

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。