新丸子のおすすめ野球教室の紹介

 

 

神奈川県川崎市の新丸子にある野球教室・野球スクールをご紹介します。
新丸子は、その名の通り 神奈川県川崎市にある新丸子駅を中心としたエリアです。
中原区中心部の一角に当たる区域で、閑静な住宅街で、武蔵小杉にも近く再開発により都会化も進む地区です。

     新丸子エリアのおすすめスクールはこちらです。

BASEBALLFEED JUNIOR ACADEMY

biima sports 武蔵小杉・新丸子校

KIDSベースボールスクール 川崎丸子校

横浜DeNAベイスターズベースボールスクール

ポルテ 上丸子スクール

 

BASEBALLFEED JUNIOR ACADEMY

スクール名
BASEBALLFEED JUNIOR ACADEMY(ベースボールフィードジュニアアカデミー)
特徴

神奈川県川崎市内に屋内施設(CLUB HOUSE)を設立。
冷暖房完備の室内練習場に人工芝を敷き、トスバッティングやピッチング練習ができるネットも常備。
天候や季節に関わらず練習可能で、各種ティースタンド、最新測定機器を使用しバッティング改善、マウンドもあるのでピッチングのフォーム確認や投げ込みも可能。
小学生低学年から中学生・高校生・大人までが通える年齢制限なしの野球スクール。

1.データに基づく科学的な指導
2.ゴールデンエイジの可能性を伸ばす独自カリキュラム
3.天候に左右されずに取組める環境
4.年齢問わず受講できる環境

料金 年会費 11,000円(税込)、月会費 小学生19,800円/6回、中学生24,200円/6回
場所 神奈川県川崎市中原区宮内2丁目31-13 ミヤヨシ第2工場 201号室
BASEBALL FEED CLUB HOUSE内
運営 株式会社アスリートフィード
お問合せ先 LINE からカンタンにお問合せできます。 
日程 月・火・水・木・金
時間帯 ①17:00〜18:00
②18:30〜19:30
③20:00〜21:00
受講回数 週3回の時間指定制/月3回 + 特別講習/月3回  合計6回/月
特別講習 集団レッスン等々力球場・等々力屋内練習場での練習(2時間/1回)など
指導スタッフ

4スタンス理論の研修を受けたスタッフが指導

〜4スタンス理論とは〜「ヒトの身体の使い方には4種類あり、それぞれ自分のタイプに適した身体の使い方を持っている」という理論です。ヒトの体の使い方は4種類から構成されていると言われています。
タイプによって身体の形や動かす各部位の順序が異なります。
間違った体の使い方をすることで本来持っている力を発揮できずに野球をしている選手は数多くいます。小学生の頃から正しい身体の使い方を学んで野球のスキルアップに繋げませんか?

BASEBALLFEED JUNIOR ACADEMY(ベースボールフィードジュニアアカデミー)

 

 biima sports 武蔵小杉・新丸子校

スクール名 biima sports 武蔵小杉・新丸子校
特徴

biima sports(以下、ビーマ)は、3歳〜10歳までの、まだ専門的にスポーツを始める前の子どもを対象としている。

ビーマでは、特定のスポーツには特化せず、サッカーや野球、バスケット、体操、ダンスなど、様々なスポーツ、科学的なトレーニングメソッドに基づいて総合的に実施することで、子どもたちの運動能力を総合的に高めていく方針をとっている。

スポーツを通じて自然と身に付けることができる
①コミュニケーション能力 
②課題解決能力
を重点テーマに、この時期に育成することが最も大切とされる「非認知能力」を高めるプログラムも取り入れている。

1レッスンは約60分で、前半45∼50分で運動プログラム、後半10∼15分で非認知能力開発プログラムを実施。

料金 入会金:14,545円(税抜)
月謝:8,545円(税抜)
場所 神奈川県川崎市中原区新丸子町648 秋山ビル1階 kidshome内
運営  
お問合せ先 個別にお問合せください
日程

年少・年中コース 毎週日曜:10:25〜11:25
         毎週日曜:11:30〜12:30

年長コース    毎週日曜:12:45〜13:45

小1・2コース   毎週日曜:9:20〜10:20

受講回数  月4回
特別講習  
指導スタッフ

 

KIDSベースボールスクール 川崎丸子校

スクール名 KIDSベースボールスクール 川崎丸子校
特徴

野球の好きな男の子も女の子も一緒に楽しく野球しよう!
元ジャイアンツ福井敬治による野球教室。
小学校1年生〜中学校3年生までのお子様を対象。
スクールは川崎久地、厚木、川崎生田、川崎丸子橋、品川、春日部でスクールを開講。
野球を楽しみながら、元プロ野球選手から本格的な指導を受けることが可能。

料金

月謝:11,000円(税込)

場所 丸子橋バッティングセンター
運営 KIDSベースボールスクール
お問合せ先 個別にお問合せください
日程 月曜日
時間帯

16:00~17:00
17:00~18:00
18:00~19:00

受講回数  
特別講習  
指導スタッフ

木村 一喜・押田 陵太・池上 勝之・渡邊 翔太

横浜DeNAベイスターズベースボールスクール

スクール名 横浜DeNAベイスターズベースボールスクール
特徴

横浜DeNAベイスターズ選手OBがコーチを務める、通年型のベースボールスクール。
近年問題となっている、子どもたちの体力・運動能力の低下、野球児童を襲う肘痛および肩痛などのスポーツ障害の解消を目的とし、年齢や野球経験の有無を問わず、野球本来の喜びや楽しみ、わくわく感を体感していただけるよう、長きにわたって培ってきたプロ野球のノウハウを提供。

料金

入会金
 5,500円(税込)、年会費5,500円(税込)※スポーツ安全保険料含む
月会費
 年中-年長 7,700円(税込)
 小1-2年生 8,800円(税込)
 小学3-4年生クラス 11,000円(税込)

場所 神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-9(富士通スタジアム川崎)
運営 横浜DeNAベイスターズ
お問合せ先 個別にお問合せください
日程 土曜日
時間帯 U-6 13:10~13:55
U-8 14:00~14:50
U-10 14:55~15:45
受講回数  
特別講習 野球以外のレッスン(体操・バスケ・バレーなど)
指導スタッフ

元プロ野球選手 など

ポルテ 上丸子スクール

スクール名 ポルテ 上丸子スクール
特徴

ポルテ上丸子スクール(川崎市中原区)は、神奈川県川崎市中原区を拠点として活動。
ベースボールスクールポルテは安全性と教育的価値を最重視するプロのスポーツ指導者と共に、明るく、楽しく、元気よく、協力し合いながら活動している。

料金

入会金:8,300円(税込)
年会費:8,080円(税込)
月謝:8,290円(税込)

場所 天神町第一球場
運営  
お問合せ先 個別にお問合せください
日程 金曜日
時間帯

【1部】16:00-17:15
【2部】17:00-18:15

受講回数  
特別講習  
指導スタッフ

原 啓太

最後に

いかがでしたか?
以上、【2023年最新_5選】徹底比較!新丸子周辺の野球教室・スクール でした。

新丸子地域特有の野球スクールあります。この記事を参考に各ご家庭で合ったスクールをぜひ見つけてみてください!

田口瑞樹

田口瑞樹

滋賀県立瀬田工業高校野球部出身。 1年夏からベンチ入りし 秋にレギュラー奪取。3年夏までサード・ショートでフル出場し、俊敏な動きの堅守と走塁でチームに貢献。 現在は、BASEBALL FEED ACADEMYにて主任コーチとして4スタンス理論を活用し ジュニア選手育成に従事。4スタンス理論有資格者。
Related Posts - 関連記事 -

カリキュラム詳細

カリキュラム詳細

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。