↓野球記事・コラムはこちらから↓

野球ニューストップページ

 

【大谷翔平 投手(28) 経歴】

大谷 翔平投手(外野手)は 2012年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズへ入団した。
説明は不要かもしれないが、高校時代からMAX160km/hの直球 高校通算 56本塁打 と二刀流として一躍脚光を浴びた。

同年のドラフト会議前、「日本のプロよりもメジャーリーグへの憧れが強く、マイナーからのスタートを覚悟の上でメジャーリーグに挑戦したい」と語るほどメジャー志向が高かった。

そんな中の日本ハムからの1位指名。そこで二刀流を示唆され、日本ハムへ入団。
そしていま 現在の活躍に繋がった。

公言通り ドラフト会議で日本ハムファイターズから1位で指名された。
背番号はMLB挑戦直前までダルビッシュ有が背負っていた「11」に決まった。

 関連記事

①WBC出場のエンゼルス 大谷翔平の能力分析はこちら

②【WBC開幕戦】大谷翔平の対中国戦 投球分析

入団1年目(2013年)

入団1年目 ルーキー時代の大谷選手。 この頃から二刀流は始めているものの、まだまだ今とは程遠い能力。 特にプロスピ野手能力は壊滅的… ですが、球速160km/h・肩力A・ストレート球威Cなど 原石としての輝きは放っていた。

入団4年目(2016年)

この頃から二刀流も本格化。
高い打撃能力に加え・投手としては驚異の球速163km/h
打者としても投手としても原石が花開こうとしていた。

成績も圧倒的で 20先発10勝4敗 防御率1.86
打者としても .322 22本 67打点 OPSは驚異の1.0越え。
文句のつけようがない成績でオフにMLB挑戦を表明。
同年 エンゼルス移籍が決定した。

2022年・現在

今となっては当たり前の二刀流。
それが能力にも表れ 球速はさらに上がり165km/hにまで成長。
スタミナも88と先発として十宇文すぎる数値に。
打者としても 6能力中 4能力がB以上と隙のない能力となっている。
大谷の走塁意識の高さ・広角に打てるバッティングが特殊能力にも評価されている。

WBC出場も決まった大谷翔平選手。
世界中が注目する二刀流が日本・世界を圧倒する活躍を見せてくれるか WBCの活躍も期待したい。

 関連記事

WBC出場のエンゼルス 大谷翔平の能力分析はこちら

 

大谷 翔平とも一緒にプレーした黒羽根 利規コーチも所属!!

田口瑞樹

田口瑞樹

 

【大谷翔平 投手(28)】

大谷 翔平投手(外野手)は 2012年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズへ入団した。
説明は不要かもしれないが、高校時代からMAX160km/hの直球 高校通算 56本塁打 と二刀流として一躍脚光を浴びた。

背番号はMLB挑戦直前までダルビッシュ有が背負っていた「11」に決まった。

 関連記事

WBC出場のエンゼルス 大谷翔平の能力分析はこちら

入団1年目(2013年)

入団1年目 ルーキー時代の大谷選手。 この頃から二刀流は始めているものの、まだまだ今とは程遠い能力。 特にプロスピ野手能力は壊滅的… ですが、球速160km/h・肩力A・ストレート球威Cなど 原石としての輝きは放っていた。

入団4年目(2016年)

この頃から二刀流も本格化。
高い打撃能力に加え・投手としては驚異の球速163km/h
打者としても投手としても原石が花開こうとしていた。

成績も圧倒的で 20先発10勝4敗 防御率1.86
打者としても .322 22本 67打点 OPSは驚異の1.0越え。
文句のつけようがない成績でオフにMLB挑戦を表明。
同年 エンゼルス移籍が決定した。

2022年・現在

今となっては当たり前の二刀流。
それが能力にも表れ 球速はさらに上がり165km/hにまで成長。
スタミナも88と先発として十宇文すぎる数値に。
打者としても 6能力中 4能力がB以上と隙のない能力となっている。
大谷の走塁意識の高さ・広角に打てるバッティングが特殊能力にも評価されている。

WBC出場も決まった大谷翔平選手。
世界中が注目する二刀流が日本・世界を圧倒する活躍を見せてくれるか WBCの活躍も期待したい。

大谷 翔平とも一緒にプレーした黒羽根 利規コーチも所属!!

野球記事・コラムは
↓こちらから↓

野球ニューストップページ
田口瑞樹

田口瑞樹

Related Posts - 関連記事 -

カリキュラム詳細

カリキュラム詳細

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。

ストレッチ(Stretch)

独自のストレッチを取り入れています。怪我をしないようにすることはもちろんですが、関節の可動域を広げて野球のパフォーマンス向上につなげます。6種類のストレッチを毎レッスン時の初めに行います。ただストレッチをするのではなくしっかりと野球に繋げます。

打撃(Batting)

当スクールでは、打撃練習時に最新の測定機器「BLAST」を使用して指導を行います。スイングスピードやスイングの軌道などをデータ化・数値化することで一人一人に合った指導を行います。スイングが数値化されることにより、成長を目で実感することができます。

守備(Defense)

守備練習は、グラブの使い方や捕球時の基本姿勢などから指導を行います。毎回、「ショットドリル」という、グラブ捌きが上手くなる守備練習を行います。また、「MOTUS」という測定機器を使用し、投球時の肘の負担度合いや肘の角度を測定する機器を使用し投げ方の指導も行います。